禁煙外来受診患者の報告

禁煙外来で禁煙中の禁断症状、堪えがたい眠気

病院の中に新設された診療科の一つに禁煙外来が在ります。
従来はこのような診療科は無かったのですが、煙草は健康を害する愛好品であり、受動喫煙とよばれるものが社会問題になっている事からも、保険治療での禁煙外来の診療科が新設されているのです。

禁煙外来は、専門医のアドバイスや指導の下で禁煙を成功させるという診療科であり、禁煙の成功率は高いと言われているのです。
自分の意思だけではどうしても禁煙が出来ない場合など、医師の協力の下で禁煙を成功させるための治療を行います。

尚、禁煙外来では医薬品が処方されることになるのですが、この医薬品はチャンピックスと呼ばれるもので最初の3日間は0.5mgの錠剤を1日1回服用し、4日目から7日目までは0.5mg錠剤を1日2回に増やし、更に8日目から最終の12週目までは1mgの錠剤を1日2回服用する事になり、薬の量を増やして行くのが特徴です。

また、最初の1週間は喫煙がしたくなった場合は、喫煙が出来るというのもこの医薬品の特徴です。

所で、この薬を服用する事で幾つかの副作用が起きると言いますが、その一つに耐えがたい眠気が生じると言います。
そのため、自動車を運転する人などの場合は薬を服用する前に運転をすると言ったことを心がけておくことが大切なのです。
尚、眠気が起きるのは服用し始めて10日後の人もいれば、2週間後の人も居ると言いますので、個人差が在ります。
しかしながら、服用する事で耐え難い眠気が襲った時、自動車の運転をしている事で大事故を引き起こすケースも有ると言いますし、実際にチャンピックスの服用により事故が起きた事例も有ると言われており、服用した後は自動車の運転をしないなどの注意が必要なのです。

飲む禁煙薬・チャンピックスをネット通販で購入